ゆるく泳いで

島根で生きてます。

鬱になったら病院へ(2日目)

引き続きは私の休職生活について書いていく。

前の記事はこれ。

futonskn.hatenablog.com

 

受診して薬を出してもらったものの即効性はない。

いや、最初から最大量出してもらえれば効果はあったかもしれないが、精神薬というのは身体に合う合わないが多いため、まずは少量から様子を見るのものらしい。

 

私は何のやる気もなく、1週間ほぼ何もせず、ずっと寝ていた。

食事もお昼に総菜1つ食べる程度で、あとは水しか飲んでいない。

もともと体重は53キロであったが、50キロまで落ちてしまった。

寝たきりだったため、体力も落ちる。歩くことすら体に負担がかかるのがわかる。

 

最初の受診から1週間後、再度病院へ。

副作用等感じられないため、サインバルタ40mgに増量。睡眠薬も出してもらった。

この1週間、慣らしとはいえ薬の効果を感じられなかった私は少しその効果を疑っていた。本当にこれが効くのだろうか。金を無駄にしているだけじゃないのか。

 

しかし、ここからこの薬の効果を感じ始めることとなる。

 

増量してから1週間程度たった頃、朝、何かしてみようという気持ちになった。何かなんて曖昧な表現だが、それまでの私は何もする気が起きなかったのだ。それが、なんでもいいから何かしたくなるということは、素晴らしい進歩であった。

 

それで私が何をしたかといえば

 

顔を洗う

歯を磨く

 

この2つ。いやほんと日常を送っているときは当たり前だったルーティーンができなくなるんですね。妻に言われないとできなかったんですが、その日は自分からできたんです。あのとき動けた自分を褒めてあげたい。

 

とまあ、こんな風にして少し回復の兆しを見せ始めた。

しかし、職場のことを考えるとまだ頭が真っ白になるような状態である。

先はまだまだ長いことを感じながら、休職から1月程度が過ぎていった。

 

 

つづく