ゆるく泳いで

島根で生きてます。

宗教とはなんなのか

私は宗教が嫌いだ。


しかし私は出雲大社が有名な島根県に住んでいる。
出雲大社のことが好きだ。
伊勢神宮も好きだし、京都の伏見稲荷なんかは本当に好き。
何回も行った。
このことから考えると私は全ての宗教が嫌いというわけではない。
では何を基準に好き嫌いが分かれたのか考えてみた。

それは、複数の宗教を信じることができるかどうかだ。

先程挙げたような宗教は集金や入信の誘いに赴く必要がほぼ無いと言える。
昔から日本人の心に根付き、厳しい戒律もなく、お賽銭を入れて願い事をたまにいうだけで良い。
そうしたお手軽さ、安心感から嫌う必要がないのだろう。
日本人は決して無宗教ではない。
初詣やお盆のように生活の一部まで侵食した事柄があるのに、無宗教とは言えない。
たいていの日本人は、いくつもの宗教を混ぜ合わせたハイブリッド型なのだ。
1つの宗教を信じるという発想自体が、苦手なのだろう。
それなのに、自分たちを信じれば幸せになるから、お布施をしなさいとか。
そんなことを言われるのが分かっているのに信じようとは思わない

多くの宗教は、自分たちの信じる神がすべてだ、というような考え方をする。そのような考え方は日本人には馴染まない。
日本人は本来柔軟な考え方のできる民族なのかもしれない。

近年、幸福の科学が猛烈な勢いで信者を増やしているのは、それぞれの宗教の神様を認めている点ではないだろうか。その宗教の神様を認めた上で、その神様よりも上位の神様(教祖)がいるんだよ、というように、相手がいうことを否定せずに自らの宗教へ案内することができる。こんなこと書いているが詳しくは知らないので違ったらごめんなさい)

 

 

宗教は悪いものではない。

地域の人間が共有された倫理観を得るためには、非常に便利なツールである。
道徳の授業では到底得られないような強力な効果がある。
使い方の問題である。

道具は使いこなすためにある。
道具に使われることがあってはならない。
特に、新興宗教を信仰していらっしゃる方。
あなたには本当にその道具が必要か、もう一度考えてみて欲しい。

私は現在も鬱の治療中だ。
死ぬことを考えた時期もあった。
そんなころ、職場の人間が宗教を勧めてきた。
死ぬことを考えていたあの頃でも、私はその誘いを断った。
結局その宗教を信じることなく職場に復帰し、回復に向かっている。
あのとき誘いを受けていても、私は回復していただろう。
そうすると、私は宗教を信じたから回復したのだ、というプロセスを考えざるを得なくなる。
結果、宗教に入れ込むことになっていたかもしれない。

新興宗教を信じる多くの人間は、何かの問題がそれで解消されたと思っていないか。
それは違う。その問題が解消したのは、あなたが頑張ったからだ。頑張るきっかけをくれたのは宗教かもしれないが、頑張ったのはあなただ。それかたまたま運よく、勝手に助かっただけだ。

宗教はあくまで道具だ。
それを忘れないでほしい。