ゆるく泳いで

島根で生きてます。

自治体から書店が消えるってそんなに騒ぐことなの

書店が1つもない自治体がいくつかあるというのを記事でみた。

ゆゆしき事態である。ゆゆ式

 

とは言ってみたものの、これってそんなに大変なことなのだろうか。

昔、本は書店で買うのが当然であり、その書店というのも個人経営の小さい本屋さんが主体であったように思う。都市郊外の商店街にはまだその光景もあるかもしれないが、私の住むところにはそのような光景はなく、残ったのはカフェを併設したような大型書店やイオンモール内の店舗くらいである。

 

まずは地域の小さい本屋さんが消滅した。理由は複数思いつくが、1番は品ぞろえの悪さ、2番が経営者の高齢化だろうか。

次に大型書店が消滅した。この理由は売上の悪さ以外に思いつかない。売り上げが悪いということは、その地域の住民数が減ったことや、娯楽の多様化による活字離れ(正確には紙本離れというべきかもしれないが)が要因だろう。

書店がなくなったのはすごく当たり前のことで、売り上げの見込めない地域からは書店は撤退する。そうした事態を招いたのは消費者である。

 

また、現在は書店に頼らなくともネット通販で本が買える。ネット通販の何がいいって、家から出なくてもいい、基本定価より安い、あわよくば中古がさらに安い、届けてくれる。すごい。

 

現実の書店のメリットに必ず挙がるのは「本との偶然の出会い」だ。なんとなく手に取った本が運命を変えてくれたというような素敵な話である。しかし、私はそのような経験はない。書店で偶然選んだ本を買うことも多々あるが、なんとなく面白い、なんとなくためになった、という程度である(これは私のセンスの問題も多々ある)。本を買うときには売れ筋のものを選ぶことが多いし、それならネットのベストセラーやランキングから買うのと何も変わらない。

 

とここまで書いてきたが、私は書店が好きである。好きだが、騒ぐほどの事ではないということだ。書店がなくなっても本が読めなくなるわけではない。電子書籍だって今後もっといいものが出るだろう。そのような未来に期待しながら、私は今日も書店へ行く。