ゆるく泳いで

島根で生きてます。

基本情報技術者資格を取ろうと考えた理由

私はばりばりの文系人間だし、仕事も事務仕事。

そんな私にはネット上で憧れている人が何人かいるのであるが、どうもその人たちはみんなIT関係の仕事についているらしい。らしいというのは、みんながみんな職を公開しているわけではないからなのだが、「いいね」や「リツイート」先からそのような仕事像が浮かんできたのである。

自分の好きな人が好きなものがどんな世界でいきているのか興味があり、まずは基本情報技術者資格を取ろうと考えた理由である。恋です恋。

 

少し勉強してみて、世の中にあふれているのに、私が知らないことが山のようにあるのだということが再認識できた。1つの仕事ばかりしているとその分野に詳しくなってくるため、こうした自分が何も知らないのだという観念が欠如してしまいそうになる。別の世界を覗いてみるというのは、そうした意味でも良いことなのだろう。新しいことを知るということは、楽しいことなのだ。学校で無理やりやらされていた頃とは違い、今は自分が主体的に動かなければ勉強できない。

ぱらぱらと参考書をめくってみたが、基本情報技術者試験というのは、パソコンに関わる知識を広く勉強させてくれるもののようだ。パソコンの知識を身につけたい人はみんな受けるべき試験な気がする。

 

偉そうなことをいったかもしれないが、まだ試験勉強は始まったばかりなのだ。昨日から始めた。試験まであと50日くらい。正直やばい。やばいがなんとかやり遂げたい。

受験予定の方がいたら、一緒に頑張ろう。